泉北⼯場

安定供給のための
⾼度な⽣産システムを完備

医薬品製造に必要な⼿順・プロセスを取り⼊れた⾼度な⽣産システムを導⼊し、より安定した品質のグリセリンを⽣産します。

SCROLL

DATA

取扱品
グリセリン、臭素化エポキシ系難燃剤
認証取得
医薬品製造業許可(1978年)、⾷品添加物製造業許可(1973年)、ISO 9001(2002年)、ISO 14001(2009年)、RSPOサプライチェーン認証システムMBモデル(2017年)
所在地
〒595-0075 ⼤阪府泉⼤津市臨海町1-20

グリセリンに特化した生産工場

現在グリセリン製造設備として約15,000トン/年の能力をもったグリセリン専用の生産工場です。さらに、約20,000トン/年の生産能力を有するグリセリンの新設備を立ち上げ、供給数量を増強。グリセリンは医薬品をはじめ、食品・化粧品・工業用途など多岐にわたる業界で使用されるため、当工場はGMPやCSV、食品衛生法、ISOなどに対応した管理体制で、あらゆるお客さまに安心して購入していただける製品の安定供給を担っています。

厳しい製造管理および
品質管理体制の確立

生産管理システム(購買品や在庫の管理、品質管理の記録、ロットトレース等)や、製造管理システム(製造工程の状態や数量をリアルタイムに把握、作業者への指示、実績の記録等)を導入し、厳しい製造管理、品質管理、衛生管理を行っています。また、法規制の改訂や多様なご要望にお応えするための検査機器の導入、情報収集、検討に注力し、継続した生産、検査体制の構築を実現しています。

社会の変化を見据え
常にアップデート

生産能力増強に対応した船舶物流設備の更新、消防設備等の増強・更新、排水処理設備での環境配慮等によるコンプライアンス対応。さらにBCP対策として、関東地方等にも外部倉庫や製品貯蔵タンクを確保するとともに、物流効率も高めるなど、社会の変化を見据え、日々よりよい工場を目指してアップデートしています。