乳化力(O/W・W/O)

乳化には水に油滴を分散させるO/W型(oil in water)と、油に水滴を分散させるW/O型(water in oil)があります。
一般に、O/W型乳化は高HLBの乳化剤、W/O型乳化には低HLBの乳化剤が使用されています。

O/W乳化

(主な用途:ドレッシング、クリームなど)

MS-5SのO/W乳化作用

MS-5Sは高いO/W乳化力を有し、簡単に乳化することができます。

MSW-7Sの耐塩性向上効果

塩濃度5%のO/W乳化ドレッシングにMSW-7Sを配合することで、80℃で4時間加熱後も分離しません。
SYグリスターは酸・塩・加熱条件下でも優れた乳化力を維持します。
例)MSW-7S、MO-7S、MS-3S etc.


W/O乳化

(主な用途:マーガリン、ファットスプレッドなど)

高含水ファットスプレッドの分離抑制効果

水の配合割合が高いファットスプレッド(W/O比=5/5)では乳化が十分にできず力を加えて伸ばすと離水しますが、W/O乳化力の高いCR-350Hを配合することで、安定性の高い乳化が可能となり離水を抑制できます。
例)CR-350H、CRS-75、OE-750 etc.