農薬

農薬散布量の低減や高濃度少水量散布などの技術開発において、
界面活性剤が持つ農薬の性能を積極的に引き出す機能が注目されています。
ポリグリセリン脂肪酸エステルは、食品添加物として認可された安全性の高い化合物であり、
その優れた界面活性能から、散布液のぬれ性、低薬害性、抗菌活性の増強効果を示します。

ポリグリセリン脂肪酸エステルの界面活性効果

ポリグリセリン脂肪酸エステルは、他の界面活性剤と同程度の界面活性能を有します。

種子の発芽に及ぼす影響

ポリグリセリン脂肪酸エステルの発芽阻害率は、他の界面活性剤に比べて小さく低薬害の農薬製造が可能です。


関連製品