可塑

ポリグリセリン脂肪酸エステルは、スチレンアクリル酸共重合樹脂と相溶化し、
ガラス転移温度を低下させ、流れ性を向上する機能を有します。
この他、(ポリ)グリセリン、ポリグリセリン誘導体は、
PVA、PVBなど様々な高分子を可塑化することができます。

スチレン系樹脂に対する可塑効果

可塑剤としてポリグリセリン脂肪酸エステルを添加することで、
ガラス転移温度の低下と流動性の向上が期待できます。

関連製品

製品名対象樹脂分野
(ポリ)グリセリンPVAディスプレイ用途、セラミック用途
POEポリグリセリルエーテルPVAセラミック用途、他
ポリグリセリン脂肪酸エステルSt/MA共重合樹脂、PVBセラミック用途、他